5/23(土)or6/3(水)【哲学×アニメ】「エヴァンゲリオン」とは何なのか?~その思想を探る~

Red Sea

日本アニメーション史を語る上で欠かすことの出来ない作品。

テレビシーズ「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年)から、足掛け25年。

サブカルチャー界のみならず、社会現象にまでなった本作も、いよいよ2020年6月で「完結篇」公開です。

その公開直前ということで、この「エヴァンゲリオン」をテーマにした哲学カフェを開催致します。

「あら?生きて行こうと思えばどこだって天国になるわよ。

だって生きているんですもの。

幸せになるチャンスはどこにでもあるわ。」

(碇ユイ)

過去のあらゆるメディアのオマージュと暗喩で満ちた衒学的な作品世界。

果たしてそれは、庵野秀明が仕組んだ一大ペテンなのか?

壮大な一大SF巨編なのか?

メディアを使った自己啓発の実験場だったのか?

アニメーション史・SF史における位置付けや、その影響。

「14歳」に込められた意味。

「使徒」とは何だったのか?

「人類補完計画」の意味。

2020年6月の完結篇を目前にして、あらゆる側面を考察していきたいと思います。

開催日時

2020年5月23日(土)17:00~19:00

2020年6月3日(水)19:00~20:50

(開場は開始時間の15分前です)

土曜日と水曜日の2回開催します。

同じテーマとなりますので、ご都合のよい会にご参加ください。

両方ご参加も歓迎します。

開催場所

東京・池袋「がんばれ!子供村

コミュニティスペース(2階)

参加費

1,000円

課題作品

「新世紀エヴァンゲリオン」テレビシリーズ、旧劇場版、新劇場版(序、破、Q)

※会での本作の上映はございません。

「全て、ゼーレのシナリオ通りだ。」

「時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることはできる。」

「人類補完計画。我々にとって、この計画こそが、この絶望的状況下における唯一の希望なのだ。」

「さあ、約束の時だ、碇シンジ君 今度こそ君だけは…幸せにしてみせるよ。」

「自分には、自分には何も無い、なんて云うなよ」

「偽りの継承者、黒き月より生まれし我らが人類。この地に無節操にはびこり、お互いを理解できぬまま憎しみ合い、傷つけ合うことしかできぬ愚かな生き物。」


「別れ際にサヨナラなんて悲しいこと云うなよ」

「人は他人を完全に理解することは出来ない」

「生と死は僕にとって等価値なんだよ」

「つらいことを知っている人間のほうが、それだけ人にやさしくできる。それは弱さとは違う」

「人間は寂しさを永久になくす事は出来ない。人は一人だからね。」

「やはり最後の敵は、同じ人間だったな。」

「我々には具象化された神は不要なのだよ」

(本編より引用)

Red Sea
最新情報をチェックしよう!