新型コロナウイルスの感染拡大による長期休会について(2023年1/8更新)

NO IMAGE

新型コロナウイルスによるパンデミックで、当哲学カフェは一昨年2020年3月の開催を最後に休会しております。もう間もなく3年を経過しますが、再開の目途はたっておりません。

今後の開催に関してですが、会場となっております「がんばれ!子供村」が依然、感染予防で閉鎖されている為、再開できない状態が続いております。

「別会場での開催を」というお声も頂戴しておりますが、なかなか適当な場所が見つかりません。

また、休会前は、かなりの頻度で開催していました(毎週2日間開催)が、再開したとしても、これも、私個人の事情や考え方の変化がありましたので、見直していこうと考えています。

なお、2020年は、緊急事態宣言により、以下のイベントが中止(延期)になっています。

【3月】

  • 社会思想としてのシン・ゴジラ
  • ミヒャエル・エンデ『モモ』

【4月】

  • タルコフスキー監督作品「ストーカー」
  • 劉慈欣『三体』
  • プラトン『饗宴』
  • 池田晶子『14歳からの哲学』⑦
  • 映画「12人の怒れる男」

【5~6月】

  • エヴァンゲリオン
  • ブレードランナー2049

中止した会は、延期と言う形で、会再開後に改めて開催予定をと考えておりましたが、こちらの方も、この2年で状況の変化や、主宰者個人の考え方の変化などもありましたので、再開の折には、作品の選書や開催頻度は、見直したいと考えております。

また、オンラインでの開催に関して、幾つかお問合せを頂いておりますが、今後も、予定はございません。あくまで対面に拘りたいので、無理をしてオンラインを行うよりは、読書を進めて、知見を拡げていくのが、現状の最善策だと考えております。

オンラインの弊害というのもあると考えています。

よろしければ、こちらの記事をご覧ください↓

また、休会中、哲学カフェに関してのコラムの方をいくつか、書かせていただいてますので、よろしければご覧ください。特に、「哲学対話と政治」の問題が目下の課題と思っています。

コラム

今後の開催テーマ(課題作品候補)の一覧ページがございます。主催者は、「哲学対話」には実は懐疑的でして、まずは「読む」という行為を重視しています。

今後の作品

なお、現在、ご参加申込みは受け付けておりませんので、「参加申込みフォーム」は閉鎖致しました。

また皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!