哲学カフェで、なぜアニメや漫画を扱うのか?~サブカルと哲学~

Akihabara

アニメーションやコミックを哲学的に扱おうとすると、必ずや比較的ご年配の方から批判や疑問の声を戴きます。

曰く「なぜ子供向けの幼稚なものを、哲学という場に持ち込むのか?」

しかしながら、アニメやコミックを「子供向け」という捉え方をしてしまうのは、宿命的な世代間ギャップの問題です。

これは、いい悪いではなく、仕方ない事だと思います。

世代間格差の宿命です。

どの表現形式でも、黎明期においては幼稚であったり、試行錯誤の最中であって、多くの場合、大人(というかインテリ)の鑑賞に耐えられないと思います(映画でも写真でもあらゆる「作品」)。

しかしながら、いずれ、高尚な作品群は現れる。

つまり、その表現形式「だから」、知的レベルが低いということは無くなります。

小説、戯曲、思想書、はたまた芸術作品であっても、その形式だから無条件に、「高尚だ、知的だ」にはなりませんよね。

高尚な思想性の高い文学もあれば、低劣(?)な文学、消費される大衆文学もあります。

いわゆるサブカルチャーも同じです。

思想性の高い高尚なアニメーション・コミックもあれば、その逆もあります。

どの分野もピンきりです。

アニメやコミックを知的分野(対象)で扱うのに、今の若手のインテリに抵抗はないでしょう。

岩明均、庵野秀明でも押井守でも通じますね。

しかしながら、やはり、老齢の大学の先生にアニメーションを勧めるのは、やっぱり悪手だと思います。

そこを「無理やり」理解させようとしても無理でしょう。

サブカルに慣れ親しんできた世代と、その上とでは、感性に違いがあると思います。

いずれ、私も、歳を重ねると、新しい表現形式に「抵抗」を感じるだろうから、お互い様でしょう。

そこは、棲み分けていればいいと思う。

但し、年長者が「理解」できないという理由で「否定」することを慎んでいれば。

という訳で、気持ちは若い(?)ので、臆することなくサブカル的な作品も題材にしていきます。

Akihabara
最新情報をチェックしよう!