【募集中】8/3(土)終戦企画①:丸山真男で考える日本の戦争・政治・天皇制・無責任の体系

原爆ドーム

これは昔々ある国に起こったお伽噺ではない。

丸山真男「軍国支配者の精神形態」

先の大戦から79年目、今年も8月15日がやってまいります。

毎年、8月は、「戦争と平和」に関しての終戦企画としての哲学カフェを開催しています。

2024年8月は、この企画で2回開催予定です。

第1弾は、日本を代表する政治学者 丸山(まるやま)真男(まさお)(1914-1996年、旧字体では「眞男」)の代表的な以下の論文2つを取り上げて、皆さんと、対話していきます。

  • 「超国家主義の論理と心理」(1946年)
  • 「軍国支配者の精神形態」(1949年)

あの戦争の背景となった思想、日本の特殊性、無責任の体系、そして天皇制とは何か?など、現代日本社会にも通じる隠された構造を、ナチス・ドイツと比較しつつ、明らかにしています。

果たして、現代の我々は、何が変わって、何が変わっていないのか?

論旨は明快で、根気さえあれば読み通すことの出来る論考になっています。

初めて丸山に触れる方も、是非、挑戦してみて下さい。

開催日時

2024年8月3日(土)16:10~17:50

(15:55開場)

開催場所

「新宿三丁目」駅周辺の喫茶店(貸会議室)

※参加者の方には、申込み後、メールで詳細をお知らせします。

参加費

1000円+ワンオーダー実費

募集人数

10名(最少催行人数4名)

課題作品

  • 「超国家主義の論理と心理」
  • 「軍国支配者の精神形態」

※上記の2つの論考を事前にお読みください(会当日に読む時間は設けません)。又、当日もご持参ください。

上記の2つの論考は、各出版社から、抱き合わせで出版されています。どちらの出版社でも構いません。以下に、収録されている単行本を以下に何点か挙げておきます。手に入りやすいものをどうぞ(図書館にも常備されています)。

原爆ドーム
最新情報をチェックしよう!