【募集中】8/31(土)終戦企画②:アウシュヴィッツの内と外~映画「関心領域」&フランクル『夜と霧』

アウシュヴィッツ

それぞれが、かつては「なにほどかの者」だったし、すくなくともそう信じていた。ところが、今ここでは、文字通りまるで番号でしかないかのように扱われる。

V・E・フランクル『夜と霧』みすず書房、2009年、105頁。

第二次世界大戦から79年が経ち経ちました。

毎年、8月は、「戦争と平和」に関しての終戦企画としての哲学カフェを開催しています。

2024年8月は、2回開催となります。

第二弾は、8/31(土)、アウシュヴィッツに関する2つの作品をテーマに哲学カフェを開催。

以下の2作品をご覧になって(お読みになった)上で、ご参加ください。

  • 映画「関心領域」(2024年公開)
  • V・E・フランクル『夜と霧』

人類史上、最もおぞましい行いのひとつであり、永遠に消えない傷痕を残したホロコースト。

その舞台のひとつであったアウシュヴィッツ強制絶滅収容所。

その内と外からの視点です。

「関心領域」は、アウシュヴィッツ所長のルドルフ・ヘスとその家族の「団欒」が描かれます。

しかし、その幸福な家庭(官舎)は、アウシュヴィッツの隣にあって、日夜、銃声や悲鳴が聞こえてきます。

『夜と霧』は、ユダヤ人心理学者のヴィクトール・フランクルが、実際に強制収容所に収容されて、辛くも、解放された後に、自身の、おぞましい体験を書き記した手記です。

この人類史上最悪の所業から、一体我々は、何を読み取れるのでしょうか?

開催日時

2024年8月31日(土)16:10~17:50

(15:55開場)

開催場所

「新宿三丁目」駅周辺の喫茶店(貸会議室)

※参加者の方には、申込み後、メールで詳細をお知らせします。

参加費

1000円+ワンオーダー実費

募集人数

10名(最少催行人数4名)

課題作品

  • 映画「関心領域」(2024年公開)
  • V・E・フランクル『夜と霧』

※上記の2つの作品を、両方とも事前にご覧になってください(会当日に読む時間・観る時間は設けません)。又、『夜と霧』は当日もご持参ください。

※もし「関心領域」が上映終了しており、観ることが出来なかった方で、それでも参加したい方は、『夜と霧』を読了していれば、申込みして頂けます。

『夜と霧』は、みすず書房から、訳者が異なる新旧2つがで出版されています。どちらの版でも構いません。

映画「関心領域」公式サイト(リンク)

アウシュヴィッツ
最新情報をチェックしよう!